つづらおりべ

書きたいことを書く練習

ホテリ・アアルト アクティビティ編

さて、早速にスノーシューズを履いて宿の周りを周回するという、インドア派にしては珍しい行動をとることにした。

 

f:id:lechat0dort9par0la1fenetre:20170124180841j:image

 

f:id:lechat0dort9par0la1fenetre:20170124180847j:image

 

しかし、外はこんな感じで雪がうず高く積もっている。おまけに降る雪の勢いも心なしか増してきた。果たして雪に縁が薄い我々夫婦もこのアクティビティをこなせるのか。

 

 f:id:lechat0dort9par0la1fenetre:20170124181101j:image

 

散歩コースはこんな感じ。

小さな沼が2つあり、その周りをぐるっと回る。スノーシューズを履いて2つの沼を回ると、30分程度ということだった。

 

f:id:lechat0dort9par0la1fenetre:20170124181410j:image

 

手袋やベンチコート(?)、スノーブーツは自由に借りることができる。

 

宿の方に手取り足取りスノーシューズを履かせていただいて、ストックを持っていざ出発。

 

写真は撮らなかったが、白銀の中、雪に沈まずにテクテク歩くという貴重な経験ができた。

沼は凍った上に雪が積もり、境界が曖昧になっていた。積もった雪のおかげで音のない森の中、しゃくしゃく雪の上を歩くのは、新鮮でありながら子供の頃を思い出す様な、不思議な気持ちになった。

 

最後はインドア派を遺憾なく発揮し、1つ目の沼を半周したところで宿へ回れ右した我々だったが、普段雪国に生活しないものにとっては楽しいアクティビティであった。